木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 23日

干したりんごとかき

c0145438_15522565.jpg

秋から冬になり、かきやりんごも熟しすぎたり、ぼけてしまったりする前にと食べるのに追われてしまいがち。
でも干してしまえば、日持ちもするので安心・・・とせっせと干しています。
りんご(紅玉)は皮をむいて薄切りにして塩水に通し、水気をふきとってから。
雑誌「現代農業」誌に載っていた、波トタンの上に干すというアイデアを実行。
よく乾きました。
風通しのよさに熱のプラスアルファーも加わるのかもしれません。
味もなかなかです。

SUMIYO

by Utiopepe | 2012-12-23 16:14 | 食卓 | Comments(0)


<< 2013年      太陽光発電 >>