2012年 11月 28日

後片付け

夏の間ずっと通っていた漆の木。雪が本格的に積もる前に、
周りに立てた杭や、作って立てかけておいたハシゴ、荒縄などを片づけ、
持って帰ってきました。残ったのは傷だらけになった漆の木。

本来ならば、漆掻きを終えた木は切り倒し、新しい芽が出るのを待つのだそうです。が
山の持ち主と相談して、このまま放置することにしました。
少しずつ弱って、やがて朽ち果てていくことでしょう。
c0145438_20581431.jpg

行きがけに見つけたキクラゲの仲間。晩酌の肴になるかな?で採ってきました。
残念、食べて食べられない事はないようですが、あまり美味くないらしいので、やめました。
クロハナビラニカワタケ、うまそうだったのに、ね。
c0145438_20583768.jpg


by Utiopepe | 2012-11-28 21:08 | 仕事 | Comments(0)


<< 雪が来た      新兵器 来る >>