2012年 09月 28日

姫鏡台

このところ様々な家具の修理をしています。
まずは姫鏡台。ずいぶん昔に作られ、持ち主もあの手この手で修理をしていたようです。
鏡の縁は壊れていました。鏡の柱もゆらゆら。引き出しは工夫して治してありました。
底板も外れ、全体にがたがた、焼け焦げも有りました。
c0145438_23131053.jpg

使えなくなった部品はすべて取り払い、新しく別の材料で作り直し。
まったく無かった部品は、あまり違和感がないように創作。
すべてのパーツをそろえていざ組み立て。
c0145438_2317425.jpg

組み立ての前に、だいたい同じ調子になるように塗装をしました。
金物は、メッキがはがれかなりサビていましたが、800番の耐水ペーパーで丁寧に水研ぎ。
綺麗な金属が出てきたところに、車用の補修スプレーで着色。
このままだとあまりに綺麗すぎるので、細かな繊維タワシで再び水研ぎ。すれた感じが出てOK。
塗装も最終チェックをして、金物も取付け完成。
c0145438_23302370.jpg

納品先のおばあちゃん(92歳)が、お姑さんがお嫁に来た時持ってきたと教えてくれましたが、
んー、一体何年前になるのでしょう?・・・
本当に喜んでくれて、じっと見つめては何かを思い出しているようでした。
こんな家具屋の仕事も良いものだと思います。

by Utiopepe | 2012-09-28 23:42 | 仕事 | Comments(1)
Commented by at 2012-10-01 21:35 x
いい仕事をしたね、


<< そば刈り終了      そばだんごと柿の葉寿司 >>