木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 27日

そばだんごと柿の葉寿司

c0145438_8511812.jpg

そばだんご?いわしだま?・・・・・いわしだまは私の故郷の愛知県豊橋市で食べられている
いわしのすり身に人参、切り昆布などを入れて小麦粉でつなぎ、蒸したり、ゆでたりしたものです。
そばがきを人参、切り昆布を入れて作り、丸めて、焼いて、ショウガ醤油で食べてみました。
見た目はいわしだま、味はそばがきですが、なかなかおいしくて、夫にもうけました。
c0145438_933750.jpg

庭のハチヤガキの柿の葉っぱが青いうちに、一度挑戦してみたかった柿の葉寿司を
やっと作ってみました。
「平宗」のホームページに載っていた、「陰影礼賛」(谷崎潤一郎著)からの引用を参考に、
寿司飯にせず、軽く塩をしてむすんだご飯に、塩サケをのせて、柿の葉で包んで、箱に並べ、
重石をして一晩おきました。

結果はご飯の炊き方がかためだったことと、にぎりかたがゆるかったせいで、
ぽろぽろと食べにくくて。
もう1度、柿の葉が色づいた頃に再挑戦してみます。今度は寿司飯にしようかな。

SUMIYO

by Utiopepe | 2012-09-27 09:27 | 食卓 | Comments(0)


<< 姫鏡台      あとちょっと >>