木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 28日

8辺目

久々の雨、と思っていたら。どしゃ降り。

今朝は漆掻き・8辺目に行って来ました。
順調に漆は出ています。山にも通い慣れてきました。

写真を撮る余裕もでてきました、上は傷を付けてすぐ、一番上の白い線が漆です。
すぐにヘラで掻き取ってしまわないと、どんどん流れて行ってしまいます。
この時期になると、傷を付けて10秒もするといっぱいになり、こぼれてしまいます。
c0145438_6112916.jpg

二本の木の漆を掻き終え、同じ場所を写真に撮りました。
ほとんど乾いていて、黒く見えるのは、漆が酸化して、傷にかさぶたを作った状態です。c0145438_6114782.jpg

掻き終えた2本の木です。斜面に生えているため、乾いていても足元が滑ります。
手前の木の、下から2番目の傷が写真のものです。
一番下は漆の出がすさまじく、傷を付けたらすぐに掻き取らないと、どんどん流れて、もったいない。
どの木でも、根元の傷が一番出ます。
c0145438_612410.jpg


by Utiopepe | 2012-07-28 21:20 | 仕事 | Comments(0)


<< 穂が出た      7辺目 >>