木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 09日

水屋の修理 (2)

錆・さび・サビ。釘が抜けません。
鉄は錆ます、さびるから抜けません。
抜けないから、実は修理が大変なんです。
無理に抜くと、木が使えなくなります。どうしよう?
c0145438_18404272.jpg

c0145438_18404085.jpg

写真は引手、見た感じは問題なさそうですが、抜けません。
結局少しずつ木を崩して、鉄をむき出しにしてから抜き取りました。
木をだめにして良い場所は、木をばらばらにして鉄を生かしますが。
どちらも生かせない場合は、両方あたらしく作りなおします。

by Utiopepe | 2012-06-09 18:51 | 仕事 | Comments(0)


<< 水屋の修理 (3)      水屋の修理 (1) >>