2011年 08月 13日

厨子

なかなか作る事の出来ない物を作りました。
仏像を納める厨子ですが。W460×345×H855で大きいです。
材料はナラの埋もれ木、内側には全面金箔を張り、箔の上にまた漆を塗りました。
全ての漆は自分で採った物、金箔張りにはずいぶん苦労しましたが、なんとか完成しました。
内側は平カンナで真平に削ってから漆で目止めをし、その後サビ土を何度か塗り、研ぎ上げました。
初めての仕事ばかりで途中で何度も「えらい事はじめちゃった」困ったな、どうしよう状態でした。
出来上がってしまえば、んーこんなものか、あの時、ああしておけば良かった、こおしておけば良かった。
などなど反省ばかりです。しかし出来てしまえば後は手を出せません。楽しい仕事でした。
中には室町時代の仏像が納まります。
c0145438_6154397.jpg
c0145438_6162655.jpg

下から天井を見上げた時で八角形になっています
c0145438_6165663.jpg


by Utiopepe | 2011-08-13 06:23 | 仕事 | Comments(0)


<< 夏のおやつ      ハニー・シークヮーサー >>