木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 13日

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

c0145438_11253365.jpg

いよいよ1月15日に松本市でも上映されます。
2011年1月15日(土)  松本市中央公民館(Mウィング)6F
・第1回上映   10:00~12:15
・第2回上映   13:30~15:45 
・トークタイム  16:00~18:00  鎌仲ひとみ監督他
・第3回上映   18:30~20:45 
 
この映画にもでてくる瀬戸内海の祝島の、地域おこし活動「祝島未来航海プロジェクト」代表の氏本長一さんが生活クラブの「生活と自治」誌(2011年1月号)に寄稿した文章「小さな離島で有るものさがし」の
一部を紹介させてください。

『祝島の島民の大半はこの30年近い年月、上関原発にたいして反対運動を続けている。
それは豊かな自然生態系~生物多様性~を支えている海を守る運動であると同時に、
原発建設に伴う巨額の補助金や交付金など町外からの財源に安易に頼るのではなく、
地元の農水産業を核にすえた、地道で身の丈にあった「無いものねだりより有るものさがし」
の地域活性化を訴える運動でもある。
 精神的にも経済的にもできるかぎり自立をめざす生き方が「一流の離島づくり」につながる。
それは祝島が離島という特殊な立地環境だからなのだろうか。しかし、それならば、日本自体でも
その思考はできるはずだ。なぜなら日本も、祝島よりは大きくても離島にはちがいないのだから。
 なぜ日本全体になればそれができなくなってしまうのか、ここをみんなで真剣に考えることが
今こそ必要だと思う。それは地方はもちろん日本全体、そして世界とすべての利益につながり
国際的にも尊敬され、なにより国民自身が誇りをもてる「一流の国づくり」に真っすぐつながる
ことではないだろうか。』

SUMIYO

by Utiopepe | 2011-01-13 11:59 | その他 | Comments(3)
Commented by at 2011-01-13 19:47 x
「無い物ねだりより、あるもの探し」  そうなんだよね、いい言葉です。
Commented by Utiopepe at 2011-01-16 15:31
そうですね、自分にも当てはめて考えてみようかな。
Commented by きんぴら店長 at 2011-01-19 09:22 x
全くそのとおりだと思うな。


<< 干し柿、いろいろ      ダルマカロン2011 >>