2010年 12月 31日

薫炭つくり

炭まき講習会から色々考えて、行き着いたのは薫炭つくり(簡単に言えばモミガラの炭)。
今年最後の日を締めくくって、初めて薫炭作りに挑戦。
数日前にドラム缶の上を切っておきました、大抵は酸素バーナーかなんかで大変な仕事になっていますが、
切りタガネと金槌で簡単に終わりました。昔の人の仕事はえらい簡単でした。
手に入れたドラム缶二つと右は薫炭製造機。
c0145438_18182152.jpgc0145438_18191464.jpg
c0145438_18194947.jpg先ずは畑に運んだドラム缶に薪を入れ薫炭製造機をセット。入り口をカバーしてモミガラで周りを満たしました

c0145438_18205016.jpg製造機の中の薪に着火して3・4分。勢い良く燃え出したら煙突をセットしまわりをモミガラで満たしました。

c0145438_18214479.jpg事前にブリキで作っておいた蓋をして。

c0145438_18222867.jpg薫炭製造機の煙突に用意をしておいた横に長い煙突をつなぎました。その入り口近くには木酢液を回収するために竹の樋をセット。


c0145438_1823183.jpg煙が勢い良く出だして、木酢液もポタポタと出始めます。

c0145438_18573426.jpg今回採れたのは400ccくらい。薄めて使うので貴重な資源です。

c0145438_18232755.jpg10時に火をつけて、1時過ぎに一袋追加、30分くらい待って、1時半頃に良くかき混ぜてジョーロで水をかけ蓋をしました。
初めてのことで終わりが分からない、明日の朝が楽しみです。
これで今年の仕事も終わり。
飲むぞー、おー、飲むぞー。

by Utiopepe | 2010-12-31 19:09 | | Comments(0)


<< 明けまして おめでとうございます      お餅つき 2010 >>