木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 25日

アク戦苦闘

念願の自家製栃の実餅作りにむけて、栃の実のアク抜きをしています。
参考にしたアク抜き法は、福井「むらの達人」の小浜市の竹炭組合長の鳥羽曙さんの方法です。
先ず実(800g)をひと晩熱湯に漬けて柔らかくしてから、皮をむきました。
c0145438_1129989.jpgc0145438_11303247.jpg

実を温かい湯につけて温めておき、実の1.2倍量のお湯と、竹の灰と木の灰を半々(実と同量)を練り混ぜて、
50度~80度を保って4時間置く。
c0145438_1137872.jpgc0145438_11384174.jpg

水にさらして・・アク抜けたかな?と、味見してみたら「に、苦い!」まだまだ・・のようです。
これをさらに1日水にさらした時点で、この苦い実を餅に搗いたらどうなるのか、餅に搗くことによって
アクが中和されるのでは?という希望的観測も浮かび、古い餅米があったので少量実験してみました。
c0145438_14384054.jpg
試食した結果は、「にがーい!!」これではまだまだ、アクのかたまりでした、残念・・
アクの抜けすぎが心配でしたが、それどころか食用にならなければ、なにもなりません。


c0145438_14432930.jpg
今再び、水にさらしています・・はてさて、どうなることでしょう?





SUMIYO

by Utiopepe | 2010-12-25 11:43 | 食卓 | Comments(0)


<< コンニャク実験      慈姑チップス >>