木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 06日

納品旅行2010年

昨年の納品と同じ時期に関西に行って来ました。
ほぼ毎日、決まったような生活をして家具を作っていたり、農作業をしているなかで、たまに出来上がった
家具を持って、外に出かけ別の世界を見ることが出来るのが幸せです。
今回は正倉院宝物を見に行こうと奈良に行きましたが、入館待ちの大変な行列を見て簡単にあきらめて、
すぐお隣の春日大社・東大寺と散歩をしてきました。
c0145438_21381341.jpg

今年の奈良は遷都1300年ということなのか、どこも大変な人ごみで、お宮とはいってもまったく厳かな空気
は感じられず、ただの観光客気分。たくさんの修学旅行の学生・色々な国の外国人・日本の団体さん、
などなどと混じって、鹿の糞をよけながらの散歩です。
春日大社では参道に雑然と並ぶ石灯篭の数の多さにあ然、軒下の春日灯篭と回廊の朱色が晴天の青空に映えているのも見事でした。
春日山から2月堂まではお土産屋をのぞきながらの散歩でしたが、考えてみればかなりブラックジョークが効いていて、
神様のお使いであるはずの鹿の皮がいっぱい売られていました。それも子鹿のです。
c0145438_2244562.jpg

2月堂に登る石段の最下部の彫り物。波・亀甲・渦巻きでしょうか?こういうの好きだなー。
誰か意味を知っていたら教えてください。
c0145438_2282223.jpg

二月堂に架かっていた榊莫山さんの書。これも好きだなー。でもなんて書いてあるのかな?
c0145438_22155163.jpg

中ほどの休憩所を通り過ぎたその奥。なんか懐かしい韓国の田舎の様な景色。
田舎のヨインスク(旅人宿)の中庭の景色そのままの所で、高校生が寝ていました。
縁側に座って、空を見ながら一杯やりたいな。いいでー
c0145438_2220377.jpg

昔の人の建物の建て方、好きです。どーゆー頭してるんだろ。自由だなー
c0145438_22225767.jpg

東大寺の南大門。運慶・快慶も良いのだけれど。建物も良し。とにかく大きい、とにかく立派。
なんと言っていいのか、どーだー見てみろと言わんばかり。昔の人はシンプルでした。
考えてみれば国家をあげての一大プロジェクト。文句なんか言わすかー。はい

by Utiopepe | 2010-11-06 22:30 | その他 | Comments(0)


<< サフラン咲いて      大根の即席漬け >>