木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 25日

きのこが出始めました

まだあるわけないな、と今朝の散歩道。ふと見るとありました、アミタケが出始めました。
これは山に行けばたぶん、と行ってみたら。あたり。ありました。
c0145438_20242054.jpg

下の方たくさん有るのがチチアワタケ。左の裏返しのがハツタケ。上のなが細いのがクギタケ。
右の黒いのはカラスタケ。カラスタケとクギタケの間の小さいのがアミタケ。
この所の連日の雨のおかげでしょう。小さなキノコがいっぱい出ていました。
c0145438_20302410.jpg

そこいらじゅうに出ていた、ムジナタケ。どうせ食べられないだろうと思っていましたが、家に帰って調べたら、
大丈夫みたいです、癖も無くそれなりに食べられるそうです。今度ためしてみます。

チチアワタケは乾煎りしてから冷凍保存。良い出汁のでるハツタケは乾燥させて使います。
アミタケとクギタケは田んぼのマコモと合わせて中華風スープ。
カラスタケは湯がいてから水を切り、ニンニクを利かせてマコモと炒めて食べました。
今年のキノコはあきらめていたので、幸せの夕食でした。

追伸:新しい事実判明。ハナイグチと思って今まで食べていた物がチチアワタケでした。
    四賀のキノコ博士の説明によると、チチアワタケは一応食用ということですが、中には
   ひどい嘔吐を起こす物もあり、要注意だそうで、毒キノコとして分類したほうが良いということです。
  見分け方は内皮膜(傘の下の膜)の有るものはハナイグチなどイグチ、チチアワタケにはありません。

by Utiopepe | 2010-09-25 20:45 | さんぽ道 | Comments(0)


<< ゴマの収獲      うまれたて! >>