木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 11日

カポナータ

c0145438_16225647.jpg

「カポナータ」をウィキペディアで調べたら、シチリア風(甘酢煮)とナポリ風(サラダ風)があるそうで、それならこれはシチリア風。
藤沼由美子さんの「イタリアン定食」がお手本です。『カポナータはイタリア式野菜のごった煮の意。トマト入りが一般的ですが、トマトなしの新しい味に仕上げました。』とあります。

玉ねぎのみじん切りをオリーブオイルで炒め、ズッキーニ、ピーマン、じゃがいもの1,5cm角切りを炒め塩を
ふり、つぶしたにんにくとなすを炒めたものとあわせて、オリーブの実を粗みじんに刻んだ物と、グラニュー糖
ワインビネガー、塩を加えて5分ほど煮るだけ。最後に混ぜたイタリアンパセリのみじん切りがきいています。

お手本はセロリが入ったり、赤ピーマンの色がきれいで、さわやかな色にしあがっていますが、
今回はありあわせの台所事情で、緑のオリーブの代わりに黒オリーブ、ワインビネガーも白のところを赤でと、出来上がりの色が悪くて残念ですが、この夏のお気に入りのお惣菜でした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-09-11 16:57 | 食卓 | Comments(0)


<< 韓国風ししとう炒め      稲刈り近し >>