木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 07月 30日

そば処 せきざわ

先日と言っても少し時間がたち過ぎましたが、久しぶりに北信州・小布施の「せきざわ」に行ってきました。
道路から見ても目立たない玄関へのアプローチも自然です。
たまに行くので懐石をお願いしました。
c0145438_21344982.jpg


c0145438_2037853.jpg
まずは「そばがき」
一つ取り皿に取ってからあわてて写真を思い出しました。
粗挽きの粉ですが、なめらか・ぽってり、香りも良し。
最初からやられました。

c0145438_2041273.jpg
蕎麦寿司
手前はオクラと梅巻き、奥はにしんと紫蘇。酢醤油でいただきました。
これが蕎麦ですか?さっぱりしてまったく寿司。
おいしい

c0145438_2045443.jpg
てんぷら
更科粉を衣に使っています。小麦粉よりさっぱりしています。
そらまめ・花豆・ズッキーニ・かぼちゃ・山芋

c0145438_20531425.jpg
冷汁。
そばは「やなかぎり」といい新ショウガを打ち込んだものです。
さっぱりした汁に えび・トマト・パプリカ・キュウリ・みょうが・ぜんまい
もずく・もうひとつ山菜のシオデ(ホップかな)が良いバランスでのっていました。
お酒を飲んだ後に食べたかったな。んー悔しい。

c0145438_2161281.jpg
ここで「鴨汁」がでるか?
しかしおいしい。さきほどの冷汁の後の温かい蕎麦。
三つ葉と焼きネギを添えてあります。
なぜか懐かしい感じがする。

c0145438_2195926.jpg
変わり打ち。
更科粉に新茶と、更級蕎麦との合わせ打ち。
一本の蕎麦の表と裏で色が違います。
はじめていただきました。触感もおもしろい

c0145438_21144329.jpg
生粉打ち(十割蕎麦)
「せきざわ」さんの玄蕎麦は自家栽培。すべての粉も自家製粉。
どこまでやるのかこの人は。

c0145438_21212846.jpg
変わり打ち。
更科蕎麦に青柚子をすりおろして練り込んだもの。
さわやかな香りいっぱいでした。

c0145438_21253223.jpg
デザートはそば粉を使ったメレンゲ。

まー食べました。どれも丁寧に作ってあって、飽きると言うことはありませんでした、が、たべすぎ。
大満足の蕎麦懐石でした。ごちそうさま

by Utiopepe | 2010-07-30 21:43 | その他 | Comments(0)


<< 蕎麦の種蒔き      穂が出始めました >>