木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 20日

豆とトマトのサラダ

c0145438_1954556.jpg

白いんげん豆(高山いんげんという自然農法国際研究センターの品種で高山村在来)
を栽培するようになって数年がたちますが、料理法としては
①甘く煮る
②白あんにする
③トマトスープ(玉ねぎ、人参、セロリなどの野菜やベーコンと)
④サラダにする(玉ねぎ、レタス、イタリアンパセリなどとドレッシングであえる)・・・のくりかえしでした。
今日はこの③と④をあわせたような、その名も「トスカーナ地方の豆とトマトのサラダ」を
『リンダ・アラードのシンプルスタイル』という本の中に見つけて作ってみました。
トスカーナ地方のカネレニビーンズの代用で白いんげん豆を使いました。

材料 白いんげん 1,5カップ、  トマト 大6個(ホールトマト缶でよい)  にんにく 4かけ、
    セージ 6枚、  オリーブ油 1/4カップ、  塩、こしょう

①白いんげん豆はたっぷりの水にひと晩つけておいてから、やわらかくなるまで煮る。
②トマトは種をのぞいて粗みじん、にんにくもみじん切り。
③フライパンにオリーブ油を温め、にんにくとセージを弱火で3分ほどいためる。ここに②のトマトを
 加え、塩、こしょうで味を調えて、ふたをせず、10~15分グツグツと煮る。
④③に①の豆を加え、20分ほど煮る。熱いうちに食べる。

味は熱いうちに食べる・・ということもあって、煮豆?ふうでした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-06-20 20:49 | 食卓 | Comments(0)


<< 旬のあさごはん      池の生き物 >>