木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 27日

愛機

ずいぶん長い付き合いになります。中古のおんぼろで買ってすでに26年目。
いろいろ(リコイルスプリング・スターターロープ・オイルポンプ・などなど)治しながら使ってきました。
今年の春はぐずぐずと冬が長引き、思ったよりも薪を使い、無くなってしまいました。ので
次の冬に備えて薪作り。山での仕事は動いてくれましたが、家に帰ってから使おうとしたら、
ぜんぜん駄目、うんともすんとも言わない。山で使っていた時、ガソリン切れの時のような感じが、
したので。まずは燃料を吸い上げるホースを引き上げてチェック、ついでに先に付いているフィルターを
はずしてガソリンで洗浄。これでもだめならキャブレターをバラシテ徹底的にチェックしてやるぞー。
分解をはじめたらすぐに原因が分かりましたキャブとエンジンを固定する2本のボルトが外れていました。
こんな状態で良くぞ山では仕事をしてくれました。特殊な工具を必要とせず、素人にも簡単にばらせ、
部品の数は少なくて、信頼性はばつぐん。すばらしい機械です、頼りになります。
c0145438_17235476.jpgc0145438_17242416.jpg

by Utiopepe | 2010-04-27 17:27 | 仕事 | Comments(0)


<< 御柱      うどのサラダとチーズ焼き >>