木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 13日

まゆ玉

c0145438_1482916.jpg

昨年の冬、いつも行く近くの温泉の玄関ホールににぎやかに飾られていたまゆ玉。
今年こそはと初めて作ってみました。柳の枝はスーパーマーケットで売られていたものを使用しました。
テキストは横山タカコさんの「作って楽しむ信州の粉食」(信濃毎日新聞社出版局編)
大町市で生まれ育った横山さんは小さい頃から1月14日には必ずまゆ玉と稲の花を作ったそうです。
「今年も豊作でありますように」と願いながら、そして今は冬の花代わりに柳から芽が出て緑の葉が出るまで
彩りを楽しむ。。。とあり、緑の葉が出てくる日がとっても楽しみです。
先日「フローリスト花咲」さんのブログに飛騨地方の花餅が載っていました。これもとても素敵でした。
まゆ玉は米粉、もち粉を熱湯でこねてから茹でて作るのに対して、花餅はお餅を搗いたものを使うのだそう。
今日は慣れないことで、どんどんかたくなってしまう生地にあせってしまい、ひとつひとつのまゆ玉がかなり
大粒の大胆初心者バージョンとなりました。もう少し小粒で品良く作りたかったなと、ひとり言。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-01-13 14:44 | その他 | Comments(0)


<< 宝物      新春ダルマカロン >>