木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 05日

何なんだ

いったい何なんだ、このデザイン。このパワー。納品旅行で室生寺とお伊勢さんに行ってきました。
室生寺には、弥勒堂に納められている「釈迦如来坐像」を見るために行きましたが、いにしえの日本と
いいますか、何かしっとりした物を感じました。建物は鎌倉時代の物と平安時代のものの対比が興味深く、
憧れの「釈迦如来坐像」は鎌倉時代の端正なお堂の右すみに客仏として静かに座っていました。
写真は金堂に向かって右側、弥勒堂の正面にありました、気になる建物、風情です。
c0145438_116763.jpg

弥勒堂は鎌倉時代の建物。あまり注目されていません「釈迦如来坐像」は全く謎の仏像ですが、国宝。
カヤの木の一木作りで衣のひだが美しいと言われています。自分は何ともいえない抱擁力と毅然とした力強さが好きです。
堂内の仏像は撮影できませんので、興味のある方は美術書で是非チェックして下さい。
先日、NHKの番組で土門拳の撮った室生寺にはしっかりと映っていました。
c0145438_11443737.jpg

雨の室生寺の次は、翌朝、昨夜の雨と風で清められた、外宮へ参拝しました。
c0145438_11111718.jpg

やられました、すごいね。なにも言いません。
c0145438_11131068.jpg

かっこ良すぎて、あほくさい。   遷宮をする空き地です。
c0145438_11143213.jpg

次は内宮  おいおい、何なんだ?????    内宮の宇治橋の入り口の鳥居を見上げれば。
c0145438_11154568.jpg

小道具も凝っています。お清めグッズは杉の葉と和紙を添えています。
c0145438_11181554.jpg

誰も気にしていない石積みにもびっくり、いいねー
c0145438_11211833.jpg

原始のオーラ、光りと影のコントラスト、爆発的エネルギー。
初めてのお伊勢参り、はまりました。

by Utiopepe | 2009-12-05 11:51 | その他 | Comments(0)


<< 随分寒くなりました。      仏壇 >>