2009年 04月 24日

ノビルキムチ

c0145438_159262.jpg

冬の間は切り漬け白菜キムチを常備して、キムチ鍋に、豚肉とサッと炒めて、納豆に、炒飯にと
重宝しました。4月になり保存してあった白菜もなくなったタイミングで、ノビルが太ってきました。
桜の咲く頃の恒例となっているノビルキムチを漬けました。

材料  ノビル 500g  塩 大匙2  大根の絞り汁 大匙2~3
     A(しょっつる大匙4.5  おろしにんにく大匙1  おろししょうが大匙半分 
        粉唐辛子大匙4  砂糖大匙1)

作り方
① ノビルは根を取って洗い、塩をふってしんなりさせる。それを洗わずにザルにとる。
② ①のノビルを根元のほうを芯にして2~3回折り曲げ、残りの部分を胴体にクルクル巻く。
③ ボールにAを混ぜ合わせ、②のノビルにからませて、かめに詰める。
④ ③のボールに残った漬け汁を、大根の絞り汁をいれて洗い落とし、かめに注ぎ入れ、
   落とし蓋をしてさらにラップで密閉する。摂氏16~17度のところに置いて3日目頃が食べ頃。

これは「韓国の家庭料理」趙 重玉著のなかのあさつき漬けのレシピです。
畑にあさつきも植えてありますが、根ごと採ってしまうのは惜しくて、
散歩道の脇に自生しているノビルで作っています。
味もノビルの野性味がピッタリくると思っています。

SUMIYO

by Utiopepe | 2009-04-24 15:45 | 食卓 | Comments(0)


<< 芽が出た      春サラダ >>