木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 15日

やしょうま作り 初体験

c0145438_956394.jpg

「やしょうま」は釈迦が入寂した涅槃会(ねはんえ)に仏前に供えるものとして、
長野県全県的に作られるものだそうです。特に北信地方でさかんに作られ、
長野市には販売しているお店もあるそうです。
以前から作り方が気になっていましたが、近所で講習会が開かれたので参加してみました。

材料 うるち米の粉(もち粉を2割ほど混ぜてもよい) 1kg
    砂糖 粉の目方の1~2割くらい
    熱湯 800CC

作り方 ①粉に砂糖を混ぜて熱湯をすこしずつ入れ、耳たぶくらいの硬さに練ったら
       一握りくらいずつにして、やや平たくする。
     ②蒸し器にぬれふきんを敷いて、①を入れ、15分~20分蒸す。
     ③②を水で約30秒ほど冷やし、よく練る。
     ④これをいくつかに分けて、食紅などで色づけする。
     
これから後をやってみたくて参加したわけですが、太巻きや金太郎飴をもちで作ると
いった感じで、ひも状にのばした色の組み合わせで、最後は白色を長方形に薄くのばした
もので包み、手で転がしながらのして、直径6,7センチの太さに仕上げました。
いくつものパーツを一体化させられず、隙間が出来てしまいましたが、とても楽しい作業でした。
食紅や食黄の華やかさが魅力かもしれませんが、ただの飾り物ではなく食べられるので
家では抹茶、ココア、かぼちゃなどを色づけに使って作ってみようと思っています。
花だけでなく茎や葉をつけられたら、と楽しみが増えました。

SUMIYO

by Utiopepe | 2009-02-15 10:46 | その他 | Comments(0)


<< ティオまくら      折り紙までテリア >>