2017年 02月 25日

子供椅子

注文で子供椅子を作りました。
テーブルで使うものと、座卓で使う畳の上の椅子です。
テーブル用は初めて作りましたが、まったくイメージが出てこなくて困りました。
自分の家でテーブルで食事をするようになった時には、すでに子供たちは大きくなっていましたし、
最近は家にこもり切りで、あまり小さな子供に会う機会もありませんでした。

一体どのような感じで、子供が椅子を使うのかを観察しなければ、家具はできません。
ファミリーレストランに子供が来る時間帯に行って観察するか?どうしよう?
結局、知り合いの程よい年頃の子供がいる家にお邪魔しました。

やっぱり、「百聞は一見に如かず」とは言いますがまさにその通りでした。
子供椅子を使う年頃や、椅子の座り方、昇り降りのしかた、どうしたら良さそうか、
何をしてはいけないのか、それなりに理解できました。

しかし、参考になればと思い、ネットで検索して見てみましたが、困りました。
何を根拠の寸法なのか、着目点はどこなのか、かなりいい加減な子供椅子がほとんど、
どうも椅子の文化の無い日本では参考になる物がないらしい。

そこで海外の椅子を検索して見たら、参考になりそうなものがチラホラと出てきました。
たまたまテレビを見ていたら、ノルウェーのレストランの映像に良さそうな子供椅子が、
あるじゃないですか、自分の頭の中で少しずつ固まりだしたイメージのような物が。

大体のイメージが決まってから、人間工学の本を久々に引っ張り出し。
またまた難問、体格を何歳の子供に決めるか、どこかに決めないと先に進めません。
赤ん坊から子供へなる過程は成長が早すぎる、驚くほどの成長です。

結論から言えば2歳半から3歳が使い始めで、小学校入学前くらいまでと決めました。
何とか使い方のイメージも見えてきて、やっと制作にたどり着きました。

c0145438_7233381.jpg



c0145438_7254362.jpg


# by Utiopepe | 2017-02-25 07:33 | 仕事 | Comments(0)
2017年 02月 19日

こんなやり方もありかな?

椅子のアームの接着の方法です。が、こんなんで良いんでしょうか?
以前は別のやり方で継いでいましたが、ふと思いつき試してみました。

c0145438_643089.jpg

中には2本ダボが入っていますが、接着材をつけてからの保持に苦労をしていました。
使っている紐は結束糸です、今までも額を作る時や、いろいろ工夫して使っていました。
c0145438_643202.jpg

木ねじの穴は上と下に別な木を張り付けるので見えなくなります。
c0145438_6433479.jpg


# by Utiopepe | 2017-02-19 06:51 | 仕事 | Comments(0)
2017年 01月 29日

車内トレー

車が新しくなって3か月ほどたちました。
スバル車は好きですが、内装の使い勝手は今一つ良くない。
それならば自分で作ればいいと思い、試行錯誤して完成。
c0145438_650789.jpg

エアコンのコントローラーの下の使いにくいスペースから合板で支えを突き出し、
その上に別に作ったトレーを留め、滑り止めのゴムを敷いて完成。

文章で書くとひどく簡単に思えますが、車の内装は曲線ばかりで、
支えの形を決定するのにずいぶん工夫しました、が何とかできました。
c0145438_651394.jpg


最終形を作るまでに試作もして大きさ、形なども検討しましたので、良い物ができました。
これで10年以上快適な車内空間を楽しめそうです。

# by Utiopepe | 2017-01-29 06:51 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 17日

春の陽

連日の雪。晴れ間が見えたと思ったら、また雪が降りだす。
昨日の昼には雪が終わったと思っていたら、夜になりまた雪。
今朝、外を見てみるとそれなりに積もっていて、今朝も雪かき。

そんな昨日の午後3時過ぎ、春の陽に照らされ、雪がキラキラと雫になって落ちていきました。

c0145438_6545784.jpg
c0145438_6551962.jpg
c0145438_655497.jpg


こんな発見で幸せを感じる、冬ごもりの今です。

# by Utiopepe | 2017-01-17 06:57 | | Comments(0)
2017年 01月 08日

松根油

ショウコンユ と読みます。
漆塗りに使用する薄め液をガムテレピンと言いますが、これが松根油だそうです。

この油が太平洋戦争の末期、飛行機を飛ばすために使用されました。
随分前の話のように思えますが、毎日散歩道で傷跡を見ています。

右はクヌギ、左側の根元近くの傷に注目してください。
c0145438_148383.jpg

アップの画像ですが、痛々しいです。
c0145438_1481528.jpg

これは別の木
c0145438_1483824.jpg

これもまた傷がついています。
c0145438_1491799.jpg


お宮の境内の太そうな松の木にはほとんど傷がついています。
お年寄りに聞いた話では、小学生に集めさせ、学校でまとめて、
それを軍隊が管理している村の施設へ運んだそうです。

最近の若い子は、戦争が遠い国の話にしか感じないそうですが、
実はつい最近にこの国が戦争をしていたのです。他人ごとではないはずです。

松の根っこの傷跡を見るたびに、戦争のことを考えてしまいます。

# by Utiopepe | 2017-01-08 14:29 | さんぽ道 | Comments(0)
2017年 01月 01日

2017年 おめでとうございます

c0145438_10355597.jpg


今年のお飾り。先ほどイメージが決まりました。
年を越え、元旦の朝にやっと飾ることができました。

暮れは31日の夕方まで急ぎの仕事をして、納品を終えて年越し。

以前から自分なりのしめ飾りを考えてきました。
が、田んぼの苗を起こす種は、出来の良い株を手刈りして、束にしたものを干します。
その株を飾れないかと考えて今年は形になりました。

しめ飾りの原点に戻るような、原始的、これだけ?てな感じかな。
自分的には、おーこれでよかったのだ、よしです。

# by Utiopepe | 2017-01-01 10:43 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 25日

横内勝司写真展

あまり説明をしたくない写真展でした。
技術のこと、時代のこと、は置いといて、とにかく実物に感動。
興味のある人は ネットで 横内勝司 で検索して見てください。

高橋節郎記念館での最終日。
中でも一番感動した写真です。大きく引き伸ばされていて、目が釘づけになりました。
戦前の若者たちの集合写真ですが、その存在感に圧倒。
何処で、どんな時に、撮られた物なのか、これはいったい何なのか?
c0145438_17304126.jpg



図録・写真集の表紙です。
c0145438_17293357.jpg
c0145438_17294421.jpg


# by Utiopepe | 2016-12-25 17:37 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 18日

雷鳥張子 Ⅳ

c0145438_642486.jpg

娘のアカネ制作の雷鳥張り子 4作目はオス。
求愛雷鳥だそうで、今までとちょっと違うパワーを感じます。
尾羽がピンと立って、目の周りも赤くなって、よくできてる。
後ろに見えるのが、左からⅡ Ⅰ Ⅲ作のらいちょうです。

# by Utiopepe | 2016-12-18 06:57 | その他 | Comments(0)