木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 12日

漆掻き 9辺目

気象庁が梅雨明け宣言をしてから後、降り続いていた雨もひとまず終了した様子。
それでも気象庁の予報では、毎日にわか雨の予報になっています。

漆掻きに雨は禁物。葉先が濡れているのもダメ、幹が湿っているのもダメ、
傷を付けた後に傷口に雨がかかるのもダメ、この時期はタイミングがむずかしい。
最悪の場合、漆の出が止まってしまうそうです。

雨の合間をみて、中3日か4日もしくは5日くらいで山に行っています。
今回の漆の木、今までで一番の大木、沢の近くの立地条件もあり良く出ます。
普通、傷を付け3回ほど掻き採れば黒くなり、ほとんど漆は出なくなります。
しかし今回は違いました、下の幹に傷を付けた直後は噴き出るよう、
2回目もたっぷり溜まります、3回目・4回目と少しづつ減っていきますが、
10回以上採っても出てきます。
梯子を上り上の段、で主幹で5回、脇枝で2回か3回は掻き採っています。

たった一本の木ですが、2時間以上の作業が続きます。
立ったり座ったり、木に登ったり下りたり、傷を付け、掻き採りの繰り返し、
待ったなしの2時間は過酷です。がすでに9回目になりました。

c0145438_7501.jpg


c0145438_751577.jpg


# by Utiopepe | 2017-08-12 07:05 | 仕事 | Comments(0)
2017年 08月 01日

カブトムシ

玄関の外に居ました。おー久しぶり。ずっと会っていなかった気がします。
c0145438_13403950.jpg
c0145438_1341041.jpg

突然、目の前に現れ、ふっと子供の頃を思い出す。
なんかとても不思議な気分でした。
子供の頃であったなら、家に連れ帰り昆虫かごに入れ、キュウリをやったり、
砂糖水をやってみたりと大騒ぎをしていたと思います。

今日は田んぼの中に入り雑草取り。例年はそれほどでもないのですが、今年はひどい。
苗を田んぼに植えてからの生育がいまひとつで、株間にはびこったようです。

下を向き、這いつくばっているようにして雑草を抜く。
ずっとやっていると、何でこんなことをやってんだとか考えてしまう。
除草剤を使えばいいじゃないか、何で使わないんだ?とか。
無農薬、無化学肥料に何でこだわるんだ?とか。
いつまでこんなことを続けるんだ?とか。

かと思うと、もっと身にしみて大変さに懲りればいいんだとか、
こうやって農作物は作られ食べられてきたんだ、苦労を思い知れとか、
今まで楽をして生きてきたくせに、もっと食べ物のありがたさを感じろとか、

必死になって取っている草は、モダカ。
棟方志功が絵描きになろうと感動した花。
白い3枚の花弁、まっすぐ立っていて緑の色も強く葉の形も良い。
まだ少ししか花は咲いていないけれど、花が咲き、種にしたら来年は大変。

今日は小雨が降ったりやんだり、さあ、また田んぼに行くか。

# by Utiopepe | 2017-08-01 14:10 | 生き物たち | Comments(1)
2017年 07月 23日

水彩画のようです

チャールズ・レイニー・マッキントッシュの植物画のようです。

ケヤキの木の枝先がとても綺麗。何たる色彩のうつくしさ。
あいにくの曇り空ですが、写真を撮るには最適でした。
c0145438_1852571.jpg


下の枝、枝にとまる鳥を連想してしまった。2羽か3羽か?
c0145438_1854467.jpg


# by Utiopepe | 2017-07-23 18:11 | | Comments(0)
2017年 07月 12日

雷鳥張り子 Ⅴ

c0145438_530243.jpg

娘の茜の雷鳥張り子は「美人雷鳥」。
乗鞍岳に行って、実際に自然の雷鳥を観察してきたそうで、
感じたままを表現したくて、まじめに取り組み過ぎたらしい。

今回で5作目、楽しくやっているようです。

# by Utiopepe | 2017-07-12 05:41 | その他 | Comments(0)
2017年 06月 24日

漆 目立て

2008年6月13日、2012年6月26日 と二回やった漆掻き。
今年で3度目、先週に下見に行き、昨日目立て(辺付け)をしてきました。

家から車で5分、そこから山道を歩いて4分、沢沿いのくぼ地の漆の木。
知り合いの山のお墓への通り道にあり、邪魔者扱いされていた木です。
c0145438_6465237.jpg

逆側から見ると、山と一体化して見えます。
大きな木ですがどこにも傷もなく陽の良く当たる場所で沢沿いで湿気もあります。
周りにあまり木がないので、アケビの蔓がわずかに3本ほどからまっていただけでした。

c0145438_6471952.jpg

大きな葉っぱもほぼ全開、たくさんの漆が採れそうです。
c0145438_6473725.jpg

足回りの草を刈り、からんでいたアケビの蔓を外し、傷をつける場所を決め、
梯子を作り、少し皮をはぎ、小さな傷を付けて今日の作業は終了。
c0145438_6481986.jpg

高い所に上ったら、隣にも漆の木があるのを発見、2本から漆をいただきます。
c0145438_6483683.jpg


# by Utiopepe | 2017-06-24 07:03 | 仕事 | Comments(0)
2017年 06月 19日

今頃、何処を旅しているのやら

先日(18日午後4時ころ)ティオが旅立ちました。
永遠のお別れです。我が家にきてほぼ12年、あっという間の時間でした。
車に乗るのが好き、外に出かけるのが好き、好奇心いっぱいのティオでした。
c0145438_2033097.jpg

c0145438_19483958.jpg
c0145438_19511938.jpg
c0145438_19533324.jpg
c0145438_19535587.jpg
c0145438_19544315.jpg
c0145438_19552998.jpg
c0145438_1956059.jpg
c0145438_19565382.jpg


# by Utiopepe | 2017-06-19 19:58 | ティオペペ | Comments(0)
2017年 06月 07日

Mash Paddle

聞きなれない言葉ですが、つい最近知りました。

知り合いがビールを作っていまして、時々いただくのですが
それがとても美味しい感動もののビールなのです。

彼から、ビール作りの道具はできますか?と聞かれ、当然作ります。
なんたって感動もののビールですもの。

ネットで調べたら奥の深い、かなりマニアチックな代物。
日本ではあまりビールを作る人がいませんが、海外ではごく当たり前。
こだわりまくりで道具にもこだわりがあり、手作りの道具もあたりまえ。
なかなか楽しそうな世界ですが、深みにはまるとさあ大変。

結論から言いますと、ビール作りの際に使うかき混ぜ棒。
ステンレス製、木製でもいろいろ市販されていますが、やっぱり手作りです。
ただの棒ではつまらない、どこかケルティックな感じがいいなと思い出来たのが。
c0145438_17234250.jpg


ネットの画像を参考にして、レアな感じを強調。
材質は「山梨」なかなか見ることがない木ですが、優れものです。

# by Utiopepe | 2017-06-07 17:28 | その他 | Comments(0)
2017年 06月 02日

田植えです

朝5時起床、雨。結構な降り方をしていました。
ネットで気象庁のHPを見て検討、3.4時間後には雨も上がりそう。
レーダーナウキャスや高解像度ナウキャスの情報はとても便利でよく使う。
早速、落水に行き、食事の後散歩、体操、田植えの下準備を終え、7時過ぎスタート。

先ずは線引き。基本になる紐を張り最初はそれに沿って線を付けます。
2回目からはすでに引いてある線に沿わせます。
c0145438_5404187.jpg

手前に見えるのが自作の線引き、2010年に作り少し改善しましたが基本的にはOK。
真っすぐに跡をつけるのはなかなか難しい、土が露出している部分では引っ掛かってしまう。
c0145438_5405942.jpg

縦の長手がすんだら横、なるべく線を踏まないように、足元に注意です。
c0145438_5411476.jpg

今年の苗。土を変えたので心配していましたが何とかなりました。
ご近所さんも皆、今年の苗は背が伸びないそうで、我が家も同じ。
しかし根張りも良いし、しっかりしたまずまずの苗に仕上がり、まずは第一関門を突破。
c0145438_5413280.jpg

既定の位置に苗を植えていきます。
c0145438_5415161.jpg

夕方、苗の植え揃った田んぼは、ほれぼれと見とれてしまう。
c0145438_542767.jpg

今年からの新たなやり方、水をポリのチューブで遠くに運び、温めてから田んぼに入れます。
その脇には、枯れ草を温水たい肥用に投入。
c0145438_5422933.jpg


# by Utiopepe | 2017-06-02 06:10 | 田んぼ | Comments(0)